和田岬線は、山陽本線の兵庫駅(神戸駅の一つ西の駅)から分岐する全長2.7kmの支線である。現在、神戸市民でも限られた人しか利用しない。まして外からの人は名前すら知らないであろう。

かつて、この線を沿線の人々は『職工列車』と愛情を込めて呼んだことがある。和田岬には三菱重工(造船)、川崎重工(造船・車両)があり、重工業地区として神戸経済を左右する存在であった。昭和30年代、40年代は三菱・川重が風邪をひけば、神戸市民も風邪をひくと云われた。

古くは和田の泊として、江戸時代は廻船の兵庫の津として栄え、戦前は重工業・軍需産業の工場地区として栄えた。この線は資材の他に、朝夕は工場労働者も運んだのである。この地区から西浜(神戸製鋼所)にかけて、重工業・軍需産業が集中していたので神戸の空襲は過酷を極めた。

1921年(大正10)、三菱・川崎造船を中心として、神戸市民まで巻き込んだ日本で最初の最大の労働争議が行われたのもこの地であった。通勤車両には、いかつい工場労働者に交じって若い娘の姿も垣間見えた。鐘紡の工場があったのである。中間駅として『鐘紡前』があった(昭和37年廃止)のである。駅前には鐘紡病院(現在神戸100年記念病院)がある。兵庫区には三菱神戸病院、川崎病院とあり、従業員のみならず地域の厚生・福祉に貢献していたのである。

今の神戸は三宮がターミナルで、元町にかけて百貨店・ショピング街・盛り場として中心であるが、戦前は神戸駅から兵庫駅にかけてが中心であった。市役所もこの地にあった。西の浅草と称された『新開地』があり、映画館、演芸場に飲食店が立ち並び、隣接する色町、福原と相まって、一大歓楽街を形成していた。

兵庫駅前には御旅市場や商店街、新開地公園そばには湊川市場や商店街が賑わった。ちょっと洒落たものなら、三越百貨店が神戸駅東傍にあった。阪急、阪神、山陽の私鉄は、今は相互乗り入れで繋がっているが、山陽電鉄は長田から路面で乗り入れ、兵庫駅北側が終点駅で、姫路・明石方面からの客を運んで来た。

御旅商店街の御旅とは、神社の祭礼において神(一般には神体を乗せた神輿)が巡幸の途中で休憩または宿泊する場所のことをいい、商店街の北端に生田神社兵庫宮が存在する。大正時代から店舗が集積し、戦前は大いに賑わいを呈した。

田村清二は三菱重工に旋盤工として勤めている。須磨の姉夫婦の家に住まわせて貰っていて、兵庫駅で乗り換え毎日この職工列車で通っている。ある日、最後尾の手すりにぶら下がっていたとき、駈け寄って来て乗ろうとした娘の手を引っ張り上げて乗せた。もんぺ姿でお下げに編んでいた化粧なしの顔であったが、田村は綺麗だと思った。前からこの列車でときどき見かけ気にしていたのだ。

すでに戦況は悪化、サイパン陥落。東条首相が責任をとって辞任、小磯陸軍大将が内閣を継いだが、到底戦局を好転させる見込みはなかった。清二はこの戦争は、はなから負けると思っていた。それは彼が満州に徴兵されたとき、ノモハン事件に遭遇したからであった。

ノモハン事件とは昭和14年(1939)5月にノモンハンで起こったソ連軍と関東軍の国境紛争事件である。ソ連の充実した機甲部隊によって壊滅的な打撃を受けた。軍もそうであったが、清二も見くびっていたソ連赤軍にあそこまでコテパンにやられるとは思っていなかった。装備力の違いが歴然としていたのである。だから、アメリカとの開戦を知った時、「何と無謀な」と思ったのである。アメリカがソ連より劣るとは到底思えなかった。この事件は日中戦争への士気に影響するとして、国内では報道されなかった。

清二は昭和17年に満州に再び徴兵されたが、銃剣術の免状を持っていたので師範としての勤務で、それも半年の期間限定であった。三菱重工でも旋盤の腕がよく、勤務成績も優良で、重工から期間の特別配慮が願われていたのである。

©Daichi Ishii Office, LLC.