縁(えん)

3月から人との出会いが多かった。
男女関係なく、回転寿司のごとく次から次と新しい人がやってきた。
3人同時に「電話しよう」とメッセージがきたこともあった。
なんだこれは、と笑ってしまった。
流れが変わる時っていうのは不思議なことが起こりやすいのかもしれない。
今はその波が引き始めている。
今週月曜日に私が行動したからなのかもしれない。
繁忙期が落ち着き、しばらく止めていたことを今一度、動かした。
どうにか、前に進んでいると思う。
もしかしたら私の行動を促す流れだったのかもしれない。
行動するには慎重になりすぎることが多いから、
私が考える余裕をなくすか、行動せざるおえない状況を作り出されたのかも。

今日は縁について書こう。
この漢字について調べると「糸」は衣や布を表して、つまりは衣服。つくりは旧体文字「」がお腹が膨らんで垂れているブタを表して、垂れ下がる意味。
衣服に垂れ下がる飾りを表しているそうです。垂れ下がる飾りから「繋がり」を連想させて人と人の関係、巡り合わせなどの意味で使われています。

良い縁も悪い縁もあるけれど、どちらも自分を成長させるきっかけになっているなと思う。無駄な出会いはない。
こうして書いている私とこれを読んでいるあなた。これも縁、なのだろうか。
縁というのは生きる上で命綱のようだと思う。
失敗しても誰かと繋がっていれば死なない。引っ張り上げてくれる。
私と繋がっている人が失敗したときは、私が引っ張り上げる。

人というのはそうやって命を続けてきたのだ。

©Daichi Ishii Office, LLC.