夕暮れの願い

 電話の音が鳴り止まず、職員は慌ただしい。
 まさか穏やかなこの町で、こんな事件が起こるとは誰も思っていなかっただろう。
 刃物を持って暴れた高校一年生の男子生徒は、町内を二時間以上うろついた末に警察によって確保された。
 怪我人は十名。幸い死者は出なかった。
 町役場にはマスコミや住民からの問い合わせが殺到し、職員は対応に手間をとられ、本来の業務が宙ぶらりん。
 男子生徒が捕まったことで少しは落ち着くかと思ったが、期待に反して電話が止まないのは全国ニュースとなったからだろう。
「まったく、迷惑な生徒だったな。今度は動機が何だったのか分かるまでメディアは騒ぎ立てるぞ」
「だろうな」
 同期の一人が受話器を置きながらに言う。
 すぐに外線音が鳴る。
 町内の人も今は浮き足立っているかもしれないが、毎日のように報道陣が来れば静かな町が恋しくなるだろう。

 十年前にも同じような事件が起きていた。きっとその時と同じようになる。
 いや、十年前は一人死んでいる。だから報道も長引いた。
 当時は新入職員だったのもあって、慣れない対応がストレスとなり、トイレで吐いてしまった。
 トイレの窓から夕日が見えたとき、その日初めて時間を意識した。
 赤く染まった太陽と空が綺麗で、飛んでいたカラスが何羽だったかも覚えている。
 しばらく眺めていたら気持ちが落ち着き、仕事に戻ることができた。
 あの頃に比べたら成長したなと思う。まだ成長できるだろうか。
 年をとるにつれて同じことの繰り返しが増えているように思う。
 昔のように遊びまわることもない。家族で過ごすことが増え、好きだった釣りに行けていない。
 ああ、あの夕日を見ることができれば前に進めるだろうか。

「おい、電話。奥さんからだぞ」
「え?」
 ブラインド越しの夕日を見ながら受話器を受け取った。
 

©Daichi Ishii Office, LLC.