「苦しいのは」

自分を受け入れられない理由は色々あった
他の人と違う できないこと 弱い部分

だから頑張って同じにならないといけないと思っていた

できるようになったら何が変わるの
みんなと同じになったら自分じゃなくなるの
強くなれたら その自分は幸せに生きているの

それは誰に言われたの
その道は誰が敷いたの
本当に自分で決めたの

誰かと一緒に生きて
傷つく時も 笑った時も 誰かが傍にいて

でもそのせいで 今の自分になったわけじゃない

応えたいと願っただけ
認められたいと欲しただけ
それだがただ その誰かのためになると 思ったから

最初の一歩は 本当に それだけだったのに

©Daichi Ishii Office, LLC.