「自分探しの旅」

それは目覚めた瞬間からもう
始まっていた

あとはそのことに気づくかどうか
ただそれだけのこと

気づかなければ見えない星と同じなだけ
気づいても足元の影と同じなだけ

それは誰のためでもない
自分のための歩み

見つめて 確かめて
触れて その輪郭をなぞって

そうして見えた自分らしさ
ありのままの姿

それは自分のだけの道を見つけてしまうこと
自分だけの生き方を知ってしまうこと

成長することを 諦めることではなくて

この歩みを守り続けるということ
果てのない旅路を 歩み続けるということ

今の自分にできる精一杯で
――今を 生きていくということ



©Daichi Ishii Office, LLC.