「体と心と自由と空と」

思い通りにならない体だから
せめて心は自由であるようにと望んだ

位置について 用意 どん
そんな合図も意味が分からなかった

一番速く 着いた人が勝ち
一体誰が そんなことを決めたのだろう
一斉に走って 同じ目標に向かうなんて

生まれた場所 生きていく時間は
みんな違うのに

負けてもいいと思ってた
違うゴールがあっていいと思ってた

――そう
これは絶対 競争なんかじゃ ない

©Daichi Ishii Office, LLC.