「伸べられた手」

今の自分 過去の自分
同じ自分なのに 違う自分

過去の手は今に触れられない
今の手は過去へと伸べられない

でもきっと 二人の自分の心は どこかで繋がっている

記憶の中で泣いている自分
助けることができなくても 忘れることはできない

苦しみは過去のもの でも自分だけのもの
その時の願いは未来の中 もしかしたら今にあるのかも

記憶の中の自分が幸せでありますように
それはきっと 誰かの過去と重なって
優しさになって

伸ばした手と 伸べた手は 出会えなくても きっとどこかで重なる

©Daichi Ishii Office, LLC.