序章 「―愛について―」


生まれてきた理由さえも
分からないままに鼓動は始まる

だから生きていくことは
自分以外の全ての人がくれた色になった

©Daichi Ishii Office, LLC.