「詠む残痕」

深い侮蔑に
言葉が踊る
絶望の声で
交響する心

鍋で炒めた
憂世の道理
僕は臓物を
文学に磨く

重い短詩に
悪夢が燈る
落日の色で
反転する泪

毒で浄めた
美感の手枷
僕は音韻を
病巣に抱く
©Daichi Ishii Office, LLC.