「詩の畸型」

雷光の記憶が
両翼を毟って
冷たい植物は
無残に黙った

歪んだ若枝は
理由を求めて
天空の野心が
切実に犯した

亡骸の夢想が
完熟を悟って
重たい老鳥は
不屈に祈った

刻んだ慟哭は
予言を宿して
年輪の悲愴が
丁寧に深めた
©Daichi Ishii Office, LLC.