詩一覧

■詩一覧

・遺書

 淡々とこれまでを振り返る詩。

・肉塊になりたい

 絶望を嘆く詩。

・マリーゴールドが枯れる時

 さようならする時の怒りを詠う。

・血も涙も乾いた頬

 事実を受け入れて別れを詠う。

・血まみれの傷を血で洗う

 痛みの連鎖を詠う。

・許されたかったマリオネット

 真の自分を真に愛せるのは自分だけだ。

・うつろうつろう

 私は人形でも花でもない。

・雪解け

 遠い恋の詩。

・魔女の導き

 救う気のない破滅の言葉。

・チョコ中毒

   ほんのり恋愛味。言いたいことがまだ掴めない。

・どうしてどうして

   幼い子の、好意と敵意の境目はどこだろう。

・ゴミ箱

   自分の性質に対する「もういいや」と「もういや」

・爛れた皮の中身は

 見覚えのある火傷を負う彼ら。

・黒い女

   あなたの背後、振り向いちゃダメよ。

・強がりたい

 ただで終わってやるものか。

・破れた世界で歌う

 元はTRPGの自作キャラの詩。形振り構わず進む。

・おいで

 理不尽を黙って受け入れる義務は無いよ。

・無名の短い想い

 140字以内の想い達をまとめた。

・自慰行為

 たまには自分に優しくしたっていいだろ。

・毒を求める人々

 薬も使い方を間違えたら毒なんだよ。

・残ることを決めた未練

 某アンドロイドゲームの世界に影響を受けた。

・よく分かんないや

 信じた正しさが相手を追い込むこともある。

・答えも応えも無い

 報われるべき人は報われず。

・潮時

 自分の正義だけ見ていられたらどんなに楽か

・ヒューマノイド的理想論

 大衆は人を求めていない

・楽

 楽に生きるのか、楽しく生きるのか

・暴言が招いた傷心が憎悪を生み暴言を吐く

 繰り返される悪循環

・蝶の独り言

 元はTRPGの自作キャラの詩。素直になれない者同士

・今はあたしだけを見て

 悲しい、寂しい、と言えばいいのに

・優しい望み

  優しいことが 一番大事って、うるせぇよ。と、言いたくなる瞬間がある





©Daichi Ishii Office, LLC.