その手・・・離さないで?!



「去年、山田プロがグラチャンになった時のモデルで、千葉出身のシェイパーって事で、マチスポの中でもこの津田沼店の為だけに、島村さんが3本限定でシェイプしてくれたやつなんす」



 た、高い……



 店員が、僕の横にピタリと付いて、説明を始めたけれど、僕はその値段の高さに驚いてしまい、ほとんど聞いていなかった。


 せいぜい5万円位かと思っていたら、憧れの、ゼリー色のパソコンとほぼ同額。

 手のひらに、にわかに滲み出てくる脂汗。

 それがねっとりと、まるで接着剤のように僕の手とサーフボードを繋いでしまって離れない。

 恐らく僕は、今、真剣な表情を浮かべているのだろう。

 そりゃそうだ。こんな高い値段のするモノ、店でうっかり触ったことなんて無い。

 子どもの頃、母さんと一緒にデパートに行ったりすると、

『買う気が無いのに、むやみに商品を触っちゃ駄目よ』

 と言われたことが、今さらのように思い出されて悔やまれる。

 母さん、昔は良いこと言ったね。

 そして店員は、僕が『真剣なまなざし』で、高価なサーフボードに触れたまま立ちつくしているのを見て、『真面目に購入検討中』と思ったのだろう、そのまま囁くように解説を続ける。


「どうっすか、そのレールの感じ。手に吸いつくようでしょう……?」

「……はあ。吸いつきますね、、、」


 横目でそっと伺うと、僕より少し背の小さい彼の胸には、「スタッフ・力石」という名札が付いていた。

 髪は、栗みたいに黒くみっしりした坊主頭で、円らな瞳で僕の横顔をじっと見上げていて、年上なのは間違いないだろうけど、何だかあどけないと言った感じがする。

 そして、僕がうっかり曖昧な同意を返すと、童顔の力石店員は、嬉しそうに目を輝かせた。


「分かります?ほら、このノーズからセンターにかけての微妙なテーパード。コンケーブはね、ダブルでこんな感じ」


 そう言って、僕とサーフボードの間に割り込むように入って来ると、力石店員は、立て掛けてあったそれを大事そうに両手で持って、宝物でも見せるように裏に返して見せてくれた。

 何が低パー度で、根頚部なのかさっぱり分からなかったけど、お陰で僕はようやくサーフボードから手を離すことができた。


「芸術的っすよね。無駄を徹底的に削ぎ落したこのギリギリの厚み。

 このレールから生まれる加速を活かして、思い通りのマニューバーを波に刻むんす。

 ……けど、このボードの良さを引き出せる奴なんて、このショップにはなかなか来ないっすけどね、、、」


 そう言って力無く笑うと、力石店員は僕の肩越しに遠くを見つめた。

 それにつられて振り向くと、商品陳列棚の前では、相変わらずケミカルギャル軍団がTシャツを胸の前に広げ、軽薄そうな、他のバイトらしき店員まで一緒になって、きゃっきゃきゃっきゃと騒いでいる。


 力石店員は、肩を竦めて小さなため息をつくと、僕の顔をちらりと見て、それから頭のてっぺんからつま先まで、素早く黒目を二往復させてから切り出した。


「で、どうなんすか、お客様は」


「は? どうって……」


「若いけど、結構やってるんしょ」


「は? 何を……」


「何をって、サーフィン」


 力石店員が、どことなくこの店で浮いた感じに思えるのは、多分、サーフボードを見る目はあっても、人を見る目が無いからだろう。

 いったい僕のどこを見れば、そんなセリフが出てくるのか。


「いえ、僕、全然です」


「またまたぁ!いつも海、どこ行ってるんすか?」


「えっ?……海は東浪見から部原辺りですかね」


 僕の口からついサラッと、いつも松本さんと行くお決まりコースの地名が出る。


「部原すか!あすこのリーフ、良いっすよね。

 そうそう、この島村さんのボード、リーフの硬めの波にも、ビシッと食い付くんすよ。山田プロも大絶賛!」


「へーそうなんですか……」


 それ以外、僕にどう答えろと言うのか。

 島村なんて、楽器店しか知らないし、山田はうどんのチェーン店しか思い当たらない。

 食い付こうが食い付くまいが、力石店員、僕はあんたが食い付いてくるのが一番困る。

 ここはひとまず早く話を切り上げなくては。

 けれど純朴そうな力石店員は、


「そうそう、コレ見ました?こないだの新島の第三戦!」


 と言って、丁寧にサーフボードを元の位置に立て掛けると、今度はそそくさと手近のパンフレットの積まれた棚から、一冊の雑誌を手に取り、僕に向かって開いて見せた。


 それはサーフィンの専門誌のようで、ページを開くなり、僕の目に青一色が鮮やかに飛び込んできた。

 そしてその中心に、一人のサーファーの姿が写っていた。


 見開きいっぱいの、切り立つような大きな波。

 その波の斜面を駆け上がる白い軌跡と、サーフボードを蹴るように半身を捻るサーファーの身体。

 その筋肉の浮かび上がる厳つい身体を包むように、ダイナミックな飛沫が、虹を含んで飛び散る瞬間。

 長い黒髪は、飛沫と同じように大きく弧を描き、まるで紙面からその波とサーファーが

飛び出てきそうな迫力が伝わってくる。


「ほら、このボードっすよ。このボードでフェイスを駆け上がって、リップにバチコーン!て当てこむ。

 見て下さいよ、このスプレーの量!半端じゃないっしょ。

 山田プロみたいなパワーサーフ、憧れるんすよね……」



 熱く語る力石店員のお陰で、これが山田という人だと言うのは良く分かった。

 けれどその時僕が感じたのは、このサーファーが優れているとか、スポーツとして見た時の技術がどうのという事では無かった。

 それはとても口では上手く言い表せないのだけど……

 そしてとても小っ恥ずかしいのだけど……


 そう。    ある種、感動のようなものだった。


 そしてその、息を飲むような瞬間を捉えた群青色のページの隅に、





  photos KOHEI ISONO





 という白抜き文字を見つけた。














©Daichi Ishii Office, LLC.