僕とそいつの珍問答?!



 心臓がギュッ!と縮まり、それが今度は破裂して、口の外へと飛び散るかと思った。

 僕は手を高く上げ、大きく伸びをしたまま瞬間冷凍。

 その状態で、男の声が再び聞こえた。


「何の用だ」


 でも、言われた事が頭の奥まで到達しない。

 窓の外の青い空が、緊張による目眩のせいか、遠くなったり近くなったりして見える。

 そして背中が丸ごと耳になったみたいに、聴覚が全て後ろの男に注がれてる。

 僕が声も出せずに、硬直したまま座っていると、いきなり革椅子の背もたれが、後ろにガクンッ!!と倒された。


「ひゃはぁっ!!」


 口から変な声が出た。

 そして不意に仰向けにされ、恐怖に引きつる僕の視界の右斜め上から、黒い縄状の、のれんみたいなモノがバサッと現れ、その中で、大きな二つのギョロ目が僕の事を睨んでいて……


「はゎゎゎゎ、、、」


 で、そのギョロ目の威力と負けないくらい大きな鼻の、左の小鼻にキラリと光る細い輪っかが見え、茶色い粘土の塊りを雑に寄せ集めたみたいな立体感あふれる顔を縁取る縄のれんが、いわゆる『ドレッド・ヘアー』と気付いた時、男の分厚い唇が開いた。


「何の用だって訊いてんだ、聞えないのか」


 尋問されながら、レゲエかぶれのアイツの顔が頭をよぎる。

 あの頃、アイツはスポーツ刈りだった。校則に従って。

 大人になったら、きっとこんな見事なドレッドヘアーにするのだろう。

 いっそのこと、この男がアイツだったらいいのに。

 でも残念。アイツはもっと醤油顔だった。

 それにどう見たってこの男は僕より十は年上だろう。

 僕は歯医者の診察を受けるような格好で、目の前に急に現れた男を茫然と見上げていた。

 写真以外で、こういった特殊な髪型の人を見たのは、生まれて始めてだった。

 上げたままの両腕が、細かく震えるのは恐怖のせいか、それとも感動のせいなのか。

 しかしそれを判別するのは、今は無理そう。

 男が太い眉を寄せ、それから丸い目をひんむいて僕の顔を訝しげに見て言った。


「……アンタ、新入社員か?」


 新入社員……?


 何の事か分からないので黙っていると、ドレッド男はイラついたように舌打ちして、

「ボンボクラッ!!」と、突然叫んだ。

 と同時に、倒れていた革椅子の背もたれが、蹴られたような強烈な衝撃と共に元の位置に跳ね上がり、僕はその勢いでバネ仕掛けの人形みたいに、カウンターテーブルに前のめりに放り出された。


「あうわわわ……」


 何が起きたのか良く分からないまま、テーブルに置いてあった自分の書類カバンを掴み、それを反射的に頭に掲げて防御の態勢を取る。

そうしながら男の方を振り向いて、


「すす、すいません、勝手に入ってひまい・・・すいません、すいません!!」


 と、必死にぺこぺこ謝った。声が不様に裏返る。

 そんな僕の情けない姿を見て、男は吐き捨てるように言った。


「ばびろんわこんどわなんだってこんなばてまんをよこしやがった」

 

 …へ……?


 何か呪いのような言葉が、僕の頭の中を字幕のように横に流れていった。

 けど、それは僕の知ってる日本語、古語、英語、その他の言語にも引っ掛からなかった。


「あたらしいさくせんか?」


 男は腕を組みながら続けて言った。

 多分今度は『新しい作戦か?』と言ったんだと思う。

 ……だとしても意味不明。

 僕はカバンの陰から、ゴリラのような男の顔色を伺った。

 すると男は、大きな鼻に深いシワを寄せてから、ゆっくりとした調子で言った。


「カネは先月払った。足りない分は、来月って言っといたはずだ」

「……かね?」

「そうだ。集金に来たんだろ?」

「……集金?」


 僕がポカンとして訊き返すと、ドレッド男は恥ずかしそうに呟いた。


「違うのか?……なら忘れてくれ」


 そしてまた鼻にシワを寄せ、小鼻の銀色の輪っかをちまちまと弄りだし、それからハッと何かを思い出したように、大きな拳で手のひらをポンと叩いた。


「便所の件か。それなら去年とっくに設置した」


 僕は返事のしようがなく、ただ黙って目をしばたかせた。

 すると男は、得意気に両手を前にヌッと突き出して見せた。


「手も常に清潔にしている。髪は……一週間前に洗った」

 

 便所?手??誰もそんなこと訊いて無いし。

 ていうか、髪、洗ったって一週間前???

 それ、僕よりひどいんですけど……


 聞いた途端に、その長いドレッドヘアーから、ホンワリと懐かしい学校雑巾の臭いがして来た気がして、僕は顔をしかめ、頭を防御していたカバンを鼻の前にずらして男の顔をじっと見た。

 すると男は、急におどおどし始めて、僕の顔だけでなく、書類カバンと、白いポロシャツとチノパンツ、それから車の運転のために履いてきた、足に慣れた高校の時の黒い革靴をジロジロと見た。

 そう。それが僕の今日という日の決めの服装だった。


「……保健所じゃないの?」

「……違います」


 僕は、キッパリ答た。


「まさか……アレか?」

「あれ……?」


男は急に、声をひそめた。


「アレだろ?信じろ、一切、栽培してない。種、一粒として所持していない」


 そして、天を仰ぐ真似をして、今度はバカみたいに大きな声で叫んだ。


「ラスタの神に誓って。ジャーノウッ!!!」


 はい?なに言ってんだ……??


「栽培……て、何の話ですか??」

「……警察じゃないの?」

「警察!?!?、、、のワケ無いじゃないですか!!どう見たって違うでしょう、何で僕が、、、」

「ウソつけ!油断させようって魂胆か?!バビロンの犬め!そんな格好しやがって!!」


 バビロンの犬

ーーーーーーーーーーーーーーー

 問1)条件反射の実験は

 答:パブロフの犬   正解

ーーーーーーーーーーーーーーー

 問2)バビロン第1王朝を建設したセム系民族の名称は 

 答:アムル人     正解

ーーーーーーーーーーーーーーー

 ……て、犬もアムル人も、僕の格好と関係ないし!

 や、まてよ確かBC1830、城壁の絵によるとあの装束は……って、ソレどうでもいいからっ!!

 全く意味が分からない。

 しかし、ドレッド男は僕のせいで苛立っていて、その理由は勝手に小屋の中に入ったという事とは何か少し違うみたいだ。

 どういう訳か僕をどっかの役所の、使いっぱの一人と勘違いしているらしい。

 なのでとにかく、誤解を解く事から始めなければと思った。


「勝手に入った事はスイマセン、、、あああの、けど、僕はアムル人ではないです」

「アムル?!何言ってんだ、当たり前だ!このバテマンッ!!」


 バテマン

ーーーーーーーーーーーーーーー

 問3)バテレン 『満ち足りております』 と言ったのは?

ーーーーーーーーーーーーーーー


「ザビエル!!」


 突然、バテマンと、もの凄い勢いで怒鳴られて、恐怖に怯えた僕の頭が、勝手な答えを口走る。

 すると男が、そのでたらめな問答に、急に目を光らせ反応した。


「……アンタ今、何て?ザイオン?ザイオンて言った??」


 いや、言わないけど、、、ザイオン?

 ザイオンてなんだっけ……ザイオン、ザイオン、、、

 えーと、確か、確か、、、どっかで聞いた事がある…

 あっ! それもアイツの得意語…… 『神の国』だっ!!


 この非常時にそんな事を思い出し、なぜだか嬉しさが込み上げた。

 そしてそれと同時に、アイツの言ってた色んな言葉が浮かんでくる。


 ザイオン = Zion = 神の国

 バテマン = Batty man = オカマ、腰抜け

 ボンボクラ = Bumboclaat = ふざけんな


 そうだ、思い出した、パトワ語!英語が訛ったジャマイカの言葉だ。

 僕もドレッド男も、頭の引き出しに入ってる言葉が全然違う。

 そのせいでお互いの言いたいことが一向に通じない。

 けどこの場合、小屋に不法侵入した僕の方が、歩み寄るのが筋だろう。多分。

 だからまずは、挨拶からやり直そう。彼ら流、ジャマイカン・スタイルで!

 今ならこの男を、抱きしめてやれそうな気すらしてきた。


 そう、これしかない。

 

 アイツがいつも僕らとやりたがって、無視されてたこと、第2弾!!


 僕はニヤリと笑い、書類カバンを、カウンターテーブルの上に投げ捨てた。


「お?」


 ドレッド男が、短く言って身構えた。

 僕は構わず胸を張り、右の拳を握りしめ、それを宙に向かってひょいと突き出し声高に叫んだ。





  「 や・ま————————————んっ♪♪ 」






 その瞬間、僕の笑顔に男のパンチがめり込んでた。

 






©CRUNCH MAGAZINE