この道は どこへ行く道 海へ行く道



見渡す限り田んぼだらけの、のどかな風景。
その中を真っ直ぐ、歌う松本さんを乗せて走る白いオデッセイ。
前をのろのろ走る車も、後ろから煽る車もいない。
陰りの無い青空の下を、ただひたすら走るだけで良い。
開け放した運転席の窓枠に右肘を乗せて、左の片手でハンドルを握る。
たったそれだけの事なのに、カッコ良く運転できてるような気がして、
なんだか僕まで、松本さんと一緒に歌いたくなってきた。

 心が解放されていく。やっぱり出掛けて良かった。

松本さんが海に入っている間、時間を潰すためにと思い、
僕は数冊のテキストブックと、短編小説を持ってきた。
それから家の物置に仕舞いっぱなしになっていた、
軽いスチール製のリクライニング・チェアーも二つ持ってきた。
僕と彼女のために。

そのリクライニングチェアーを砂浜に置いて、
僕は潮風に吹かれながら例えば英単語を覚える。
それこそ歌のように口ずさんでみたりして。
頭がいっぱいになって来たら、サーフィンを楽しむ松本さんの姿を眺める。
そこにいる僕は、げっそりと顔色が悪く、
頭にオウムの冠羽のような寝癖をつけた僕では無く、
こんがりと日焼けし、爽やかな笑みを浮かべながら、
CMのように冷たいポカリを飲んでいる。
そしてひとしきり勉強した後は、そのままウトウトうたた寝し、
しばらくすると、そこへ海から上がった松本さんが駆けてきて、
僕の名前を呼んでキスを……


「春田!」


単調な一本道で、うっかりそんな妄想にふけっていると、
本当に名前を呼ばれてギョッとした。

「なにボーっとしてんのぉ?もうすぐ右折だからね、しっかりしてよ?」

そう言われて見てみると、
どこまでも続くかのように思えた道の先に、信号機が見えてきた。
ゆるやかに速度を落とし、停止線できっちり止まると、
松本さんはフロントガラスの方に大げさに身を乗り出し、
信号機の上に掲げられた青い道路標識と、
膝の上に乗せて開いたロードマップを見比べながら

「128号、間違いなーし!」

と、指差し確認しながら満足げに言った。
そこは見通しの良いT字路で、標識は、左折すると『片貝、銚子方面』、
そして右折すると『御宿、鴨川方面』へ行かれる事を示していた。

サーフィンをしない僕でも、その地名くらいは知っている。
千葉県民なら、いや千葉じゃなくても、関東に住んでいて海が好きな人なら、
一度くらいは訪れた事がある場所なんじゃないかと思うくらい、
どちらも有名な場所だ。
銚子は犬吠崎にそびえ立つ、
すっきりと白い大きな燈台で知られていて、醤油の産地。
昔、NHKのドラマの舞台にもなった事のある観光地。
一方、御宿は海水浴場として有名だ。
エメラルドグリーンの海と、長い白い砂浜には、
『月の砂漠』の歌碑と、ラクダに乗った王子様とお姫様のブロンズ像がある。
それと共に、僕が個人的に思い出すのは、高二の夏休み中に、
 
『童貞を捨てたかったら御宿に行け』

という言葉と共に語られた、クラスメイトの武勇伝だ。
僕らは夜、そいつの家に集まって、
自動販売機で買った甘い缶チューハイなんか飲みながら、
鼻の穴とズボンの前を膨らませながら、その体験談に聞き入った。
けれど、のちにエロビデオを見るようになって思ったけれど、
そいつの話の2/3くらいは、作り話だった気がしてならない。
それでも、御宿がナンパのメッカだと言うのは本当らしく、
最後の一線までいけるかどうかはともかくとして、
可愛い女の子と出会えることが多いのは確からしい。
実際、僕らの裏参考書、『プレイボーイ』や『ホットドッグプレス』なんかでも、
ナンパ成功率の高い海水浴場として紹介されていた事もある。
電車でもアクセスの良い場所なので、車が無くても簡単に行かれるから、
高校生にとっては、湘南に次ぐ、憧れのビーチの一つだった。
そして後日、友人達はすぐに真似して御宿に行ったけれど、
僕は根っからのインドア派だったので行かなかった。
というわけで、未だに僕だけ童貞だというウワサ。

そんなどうでも良い記憶を辿っているうちに信号は青になり、
僕は松本さんの指示通り、そのT字路を右に。
すなわち御宿方面へと向かった。





©CRUNCH MAGAZINE