頭と電話の混線劇場


それから、何となくビデオ屋には行かなくなって二週間が経った頃。

晩ごはんを済ませてから、
僕は部屋で、某予備校の有名講師が書いたと言う
英語の長文読解の問題集に頭を悩ませていた。

『芸術は必ずしも美とは言えない』

という、結果的にはただそれだけの文章なのに、
だらだらと[ , ]で3つの文章が繋がれていて、その中の
[ even in people ]が、どの『人々に於いてさえ』なのか読み切れない。
てめぇ、普段からしゃべるの下手くそだろ!と、
元文を書いた芸術評論家だかなんかにイラつきながら、
解答ページをめくろうとした時、部屋のドアがノックされ、
廊下から母さんの声が僕を呼んだ。

「 聡……? 」

僕は無意識に舌打ちし、問題集から顔を上げ、振り返って返事した。

「なに?」
「勉強中にごめんなさいね。あなたに電話なんだけど……」

少し戸惑うような母さんの声。
高校を卒業してから、僕に電話なんて珍しい。

「電話?……誰??」
「お向かいの松本さんとこの……梨花ちゃん」

それを聞いて、僕は飛び上がるように立ち、部屋のドアを大きく開いた。
すると母さんが電話の子機を手に持って立っていて、僕の顔を見ると、
なんでかその子機を隠すように、両手でエプロンの胸当てに押し付けた。

「勉強中なら、適当に断っておくけど……」

さっき食べた夕食の、肉野菜炒めの匂いが母さんから漂ってくる。
僕は無言で手を差し出した。すると母さんは小さくため息をつき、

「あまり長電話しないでね」

と言って、緑色の保留ランプが点滅する子機を僕に渡した。

「分かってるよ」

僕はそれを受け取り、すぐにドアを閉じた。
そして母さんが階段を下りて行く音を確認してから、
ベッドに腰掛け姿勢を正し、
それから受話ボタンを押して、もったいぶった声を出した。

「あ、もしもし……」

しかしその時、通話はすでに切れていた。

「えぇっ?!なんで?!?!」

思わず叫び、それから反射的にいつもの窓に駆け寄った。
すると驚いた事に、例の窓のカーテンが全開になっていて、
松本さんのほっそりしたシルエットが、
僕に向かって手を振っているではないか!
思い描いたシチュエーション!信じられない!!
僕はその影と、自分の手元にある子機を交互に見た。
こんな事が起こるなら、うちもナンバーディスプレーくらい
ケチらないで登録しろよと思いつつ、松本土木のシャッターに、
ペンキで大きく書かれた電話番号をもどかしくプッシュする。
外を見ながら受話器を耳に当てると、すぐに呼び出し音が始まって、
松本さんの影が、ハッと横を向くのが見えたその時。

「あ”ぁい??」

と、ドスの効いた男の声が、僕の耳に飛び込んできた。
それはまさしくリトル小錦!
心臓が止まりかけ、僕は反射的に子機の『切』ボタンを強く押し、
それをベッドに叩きつけた。

「わわわわわ……」

一体、何が起きたんだ??
恐る恐る窓の外を見上げると、
松本さんの影絵がシンバルを叩くように大きく揺れて、高らかな笑い声と、
パン、パン、パンと手を叩く乾いた音が、夜の町に響き渡る。
僕がポカンと口を開けてそれを見ていたら、
今度は子機が、怒ったように鳴り始めた。

え、なんで!?うちの番号、向こうにバレるの?ウソ、マジで!?

リトル小錦からの怒りのコールバックに違いない。どうする?シカトか!?
けど、このまま放っておいたら、母さんが親機の方で出てしまう、、、。
仕方ない。怒鳴られるのを覚悟して、僕は素早く投げた子機を拾って通話ボタンを押した。

「すすすすすいません向かいの春田のサトシなんです!!!」

間髪いれずに名乗り謝る。すると、

「あははーー超ウケるぅ〜〜。何やってんのぉ〜〜〜リカだよん」

と、今度は松本さんの無邪気な声が聞えてきて、

「え?あ?はいっ??」

と、パニくる僕をそのままに、

「ねぇ春田、ちょっと外に来れるぅ?」

と、それだけ言って一方的に電話は切られた。




   


                  
©Daichi Ishii Office, LLC.