迷子の僕らとラヂオと浜辺



緊張で手に汗をかきながら、
オデッセイのハンドルを握る僕の横で、
松本さんが、ほっそりした指を伸ばして、
ラジオの周波数をベイFMからインターFMに切り替えた。

調子良いDJの声に合わせて、
アップテンポの洋楽が流れ始めた気がするけれど、
その時の僕には、それが何の曲だか
聞き取る余裕なんて全くなかった。
だいたいからして、自分が今なぜ、
高速道路を120キロも出して走っているのか。
それが良く分かっていなかった。
ただ正直、泣きたい気持だったことだけは覚えている。

薬円台の24時間営業の
エロビデオ専門レンタル店の駐車場に車を停め、
久々に再会した、綺麗になった松本さんに
「ちょっとここで待っててね」と言って、
桜木ルイを返しに行くわけにもいかず、
僕は取りあえず先に松本さんをJR津田沼駅まで送って、
それから薬円台に戻って、ビデオを返して帰ろうと思っただけだ。

けれど思惑通りに事は運ばなかった。

車内に二人きりになったとたん、
松本さんのキャンディーみたいな
シャンプーの香りが僕の鼻をくすぐり始める。
そして真っ直ぐ前を見ていても、
視界の左下をチラつくスッキリと長い素足……

それに気を取られないよう、
わき目も振らずに運転に集中しようとしているのに、
「ねえねえ、春田」
と、お構いなしに話しかけてくる松本さんの甘い声。
信号を、道路標識を、見誤らないようにするのに必死で、
ろくに返事も出来ずにいると、
「ちょっと、聞いてるー?」
と、僕の左腕に右手を掛けて小さく揺さぶる。
いくら一回抜いたばかりでも、
そんなことされたら健全な僕の心身も揺れてしまう。

浪人が決まっても、これくらいは役に立つから良いだろうと、
得意の貯金で子供の頃から貯めてた小遣いをはたき、
車の運転免許を取得してまだ一カ月。
行動範囲は、自分の家から最寄りの高根木戸駅と、
せいぜい薬円台のビデオ店くらいのものだった。
でも薬円台から津田沼なら、成田街道に出てしまえば真っ直ぐ一本だ。
間違えようも無い。頭の中で地図は出来てた。

なのに、隣に松本さんが乗っていると言うだけで、
僕の頭のコンパスは、東西南北だけでなく、
右左まで狂ってしまったようで、
気がついたら成田街道が、いつの間にか国道14号になっていて、
そのうち右側に、幕張インター沿いのお城みたいなラブホテルとその仲間たちが見えてきて、
ヤバい津田沼、通り越したと思って、
慌てて引き返そうと左の道に入ったら
吸い込まれるように坂を登って、そこはすでに京葉道路。

そして今僕は、早朝の渋滞前の速い車の流れに迷い込み、
後ろにピタリと付く大型トラックに煽られながら、
追い越し車線をスピードを緩める事も出来ずにただただ必死に突っ走っていた。

武石インターを過ぎた。
彼女が、異変に気付いていない訳がない。
その証拠に、車内が無言に包まれてから何分経過しただろう。
さすがに僕は、何か言うべきだと思った。
例えば「道を間違えたらしい」とかなんとか。
それを勇気を出して口にしようとした時、横で、

「ふあ〜〜〜〜〜〜〜〜」

と、大きなあくびが聞えた。
僕の心臓は縮みあがった。
そして恐る恐る松本さんの横顔を伺った。
すると松本さんは、フロントガラスに広がる眩しい朝陽に目を細め



「このまま一緒に海まで行こうか」 



とのんきな声で言った。
それを聞いて、硬くなってた肩の力がふと抜けた。
僕は前を見つめたまま、

「うん」

と答え、車はそのまま流れに任せ、
太陽の方向へ東へ東へと進んで行った。
次第に車の数が減り、前後に充分な車間距離が出来るとともに、
僕の耳にも余裕ができて、ラジオから流れる音楽と、
彼女のご機嫌な鼻歌が聞えてきた。


バックミラーに目を移すと、
広い荷台に一枚のサーフボードと、
リアガラスに、いつもの僕の狭い世界が、
ぐんぐん遠ざかって行くのが見えた。









©CRUNCH MAGAZINE