なら、ついでに送ってって

「おっはよっ!」
「あ、うん、、、おはよう……」

久しぶり、という言葉を僕は言いそびれた。
そんなもの挟む隙間なんて無いくらい、
松本さんは僕に自然に声を掛け、近づいてきた。
三年前と今日の朝が、一気に引き寄せられる。

中学の頃は、お互い部活の朝練がある日はここで顔を合わせ、
普通に挨拶し、学校まで15分の距離を一緒に歩いて行ったものだ。
僕は書道部。入りたくて入ったわけじゃなくて、
必ずなんかの部活動に参加しなくてはいけない決まりだったから、
一番、楽そうで道具も持ってて、誰でも出来るそれにしただけ。
松本さんは陸上部。小学校の頃から足が速く、中学に入学早々、
陸上部の顧問の先生からスカウトされたらしく。

そんな全く共通性の無い二人だったけど、僕たちは肩を並べて歩き、
昨日観たテレビの話を一方的にしゃべり続ける松本さんに、
適当に相槌を打ちながら、特別仲が良い訳でもなく悪い訳でもなく、
極々あたりまえに、違和感も疑問もなく、お互いの存在を受け入れてた。
その時と変わらない屈託のない様子で、
でも、別人のように綺麗になった松本さんが僕に訊く。

「ねえ、どこ行くの?」
「……薬円台」
「薬円台?こんな朝早くから?何しに??」
「あ、や、ちょっと……」

僕は咄嗟にレンタルビデオ店の袋を後ろに隠した。
手にした車のキーホルダーが、心の動揺を表すように、ジャラリと音を立てる。
それを見て松本さんは「ふーん」と、鼻にかかった声を出し、

「なら、ついでに津田沼まで送ってって!」

と言って、脇に抱えていたサーフボードを僕の前に突き出し、
それから派手な布にくるまれた僕の背丈ほどあるそれを、
両手で愛しそうにギュッと抱きしめた。

その仕草に、時間だけでなく、僕の心も強烈に引き寄せられる。




©CRUNCH MAGAZINE