II - Chapter 1 / Verse 1-1

 世に一つの国があった。”帝國”、人々は彼の国をそう呼んでいる。巨大な石造りの円の砦の、広大な国土の中に、日本、イギリス、フランス、その他の数多くの世界各国が詰め込まれた国である。全てを支配するのは皇帝ただ一人。現在は、皇帝フランシスが統べる時代であった。

 * * *

 隣室から大きな産声が上がる。女中達が部屋から血の付いたタオルや水を大忙しで入れ替えている中の出来事であった。真っ白い純白のタオルを抱えて、女中長が気持ち早足に隣室から姿を表す。
「おめでとうございます陛下、男の子にございます!」
 ソファーに座って俯いていた金髪の男、皇帝フランシスは待ちきれずに立ち上がる。待望の息子を、彼は逸る気持ちを抑えてゆっくりと女中長から受け取った。タオルの中の赤ん坊はすっかり眠っている。
「マリアの容体はどうだ?」
「はい、安定しております。」
 良かった、とフランシスがほっと安堵のため息をつくと、女中長は彼を隣室へ、妻マリアがいるベッドへ案内する。長い黒髪をゆったりと結んで、マリアは女中達に顔の汗を拭かせていた。隣のベッドのシーツはすっかり剥がされている。どうやら女中が洗濯の為に持っていったようだ。
「男の子だ、マリア。」
 夫の腕の中からマリアはそっと息子を受け取った。妻が愛おしそうにその頬や頭を撫でていると、注意を促す為にフランシスは一度咳払いをする。やがて子供から目を離し、マリアはフランシスを見上げて嬉しそうに言った。
「彼の名前は、レイにします。」
「レイか、思い出深い名前だ。」
 ふと遠い目をして笑ったフランシスに、マリアは困ったような微笑みを浮かべる。皇帝夫妻の第一子、やがて皇帝の座を継ぐことになるであろうこの赤子は、暗い夜空に一陣の光がさす暁の空の下に誕生した。

 * * *

 皇太子誕生の報は帝國中を賑わせた。城下は祝いを意味する赤と白の花で飾られ、人々の金は経済を回した。貴族達は昼に城へ、夜は友人の邸宅へ足を運び、皇族の執務を手伝う神官達はそんな貴族達の相手で精根尽き果てていた。
「陛下、元帥閣下が来ております。」
 ようやく貴族の波が途切れ始めた時期。謁見の間で祝辞を述べに来ていた貴族を追い払ってすぐに、玉座で惚けているフランシスにお付きの神官であるロビンが疲労まみれの顔を浮かべてやってくる。一瞬、通せ、と口に出しかけたフランシスは、ようやくロビンの言葉を理解したのか重い腰を上げた。
「応接間で会おう。マリアも呼んでくれ。」
 フランシスも謁見の間から退室するのを見送りながら、かしこまりました、とロビンは一礼した。

 黒い髪の男がロビンの後についていく。腰には太刀を佩き、煌びやかな礼装に身を包んだその男は、柔和な笑みを浮かべながら廊下の外の景色を楽しんでいる。身も凍てつく冬であったが、城の温室の中には様々な花が咲き乱れていた。男の正体は現在この世で最も有名な軍人である。今をときめく史上最年少元帥、現皇帝フランシスの兄、バスカヴィルであった。
「陛下はこちらでお待ちだ。」
 金のドアノブを回しながらロビンはそう言った。中からは穏やかな家族の声が聞こえる。バスカヴィルは城に入ってから初めて口を開いた。
「ありがとうロビン。」
 何を思ったのか、その言葉にロビンは眉間に皺を寄せた。ただでさえ険しいロビンの表情が一層険しくなったが、バスカヴィルはそんな彼には目もくれずに応接間に足を踏み入れる。背後で扉が閉まると、赤子からマリアが目を離した。
「まぁヴィル! 来てくれたのね!」
 未だあどけない面影を残すマリアは、らんらんと目を輝かせて立ち上がる。赤子を抱いていたフランシスもゆっくりと立ち上がった。マリアの歓迎の声に、バスカヴィルはロビンに刀を預けて両手を広げる。駆け寄ってきたマリアを腕いっぱいに抱きしめて、バスカヴィルは挨拶した。
「久しぶりマリア。子供が生まれてから体調はどうかな?」
「特に何事もないわ。」
 少しだけ疲れの色は見えたが、マリアは満面の笑みでバスカヴィルに答える。フランシスも女中長に赤子を預け、バスカヴィルに右手を差し出した。
「そういう兄上は最近顔を見なかったが。」
「私はつつがなくだよ。それより君は大分疲れてるようだね。」
 差し出された右手を握りながら、バスカヴィルは頭一つ分背の低い皇帝の顔を覗き込んだ。顔色はさほど悪くはないが、声はいつもよりかれており、少し老け込んでいるように見えた。
「兄上が時期をずらして来てくださったことに感謝するよ。ここ一週間、ひっきりなしにやってくる貴族共の相手で引っ張りだこさ。」
 肩を竦めた皇帝はロビンに紅茶の用意を命じ、兄に椅子を勧めた。しかし、バスカヴィルは頭を振る。
「私はまだまだ忙しいからこれで退散するよ。すまないね、応接間にもわざわざ移動してきてくれたんだろう? もう紅茶を取りに行ってしまったロビンには申し訳ないけれど……。」
 扉を一瞥して、バスカヴィルは苦笑した。彼はなにからなにまで仕事が早いね、と言うと、別れもそこそこにするりと部屋からいなくなってしまう。マリアが顔を上げると、フランシスが少し寂しそうな顔で扉を見つめていた。
「大丈夫よ、きっと仕事が忙しいだけですもの。」
 沈黙を守ってソファーに座り込んだフランシスの両肩に、マリアはそっと手を置いた。大きなため息が部屋に吐き出される。振り子時計の秒針音が時を刻んでいると、遠くから慌ただしい足音がやってきた。応接間の前でぴたりと音がやむと、勢い良く扉が開く。
「皇帝陛下、分家当主が!」
 息を切らせたロビンの手の上にあるのは、ティーセットではなく一枚の紙切れである。神官長の言葉にフランシスとマリアは息を呑んだ。恐る恐るその紙を受け取り、マリアの目には触れないように広げる。
「今すぐお越しを。」
 低く掠れたロビンの呟きに、フランシスは彼の顔を愕然と見つめることしかできなかった。

 皇族に代々受け継がれる力があった。”薄暮の瞳”、七つの大罪にまつわるその力を、彼らは一人一人持っている。フランシスはロビンから受け取った紙切れを握り潰しながら、大股で謁見の間まで急いだ。廊下ですれ違う神官達の一礼には目もくれず、重い豪勢な観音扉を自ら押し開ける。一目で分かるアメジストのマント、その金の縁。フランシスはそれを視界に入れるだけで不機嫌な顔をした。
「そこからの視界はどうだレイモンド。」
 本来フランシスが座るはずの玉座に不遜に腰掛けるマントの男は、その口元を歪めて立ち上がった。
「確かにいいが、私には高すぎるな。」
 声高らかにそう言ったレイモンドは、すぐさま椅子から立ち上がり階段を降り始めた。目深に被ったそのフードから見えるのは鼻先から顎までである。古代風の白い服もマントの合わせからちらちらと見えるだけで、非常に胡散臭い雰囲気を見る者に与えた。
「分家ごときがこの私に何の用だ?」
 分家とは、大昔に皇族から分離した家とそこに属する者を指す。その理由を知る為に歴史を遡るのは現在では歴史学者くらいであるが、分家の人間はその異様な出で立ちと法を逸脱した行為から、帝國の人々から最も忌み嫌われていた。勿論、皇帝も分家を忌み嫌う者の内の一人である。
「なに、難しいことではない。お前があの一件から禁じた薄暮の瞳を、是非ともお前の息子には解放してもらいたいだけだ。」
 フランシスは顎を突き出す。よく日に焼けた腕が差し出した一枚の紙切れを受け取り、レイモンドに背を向ける。
「それで、お前達は何を得るんだ?」
 分家当主は笑みを深めるだけで何も答えない。無言の時が謁見の間に流れた。フランシスはゆっくりと紙切れを握り潰すと、それを後ろに放るや否や腰に下げていた儀礼用のサーベルを引き抜いて、空もろとも紙を切る。首筋に一気に迫った白刃を、しかしレイモンドは避けようとしなかった。
「お前に答える義理はない。」
 つい、と刃に指をかけて、レイモンドはゆっくりとサーベルを下げさせる。それを持った腕をだらしなく下ろすフランシスの横を、レイモンドは音もなくすり抜けていった。
「お前がやらないなら、私がやろう。」
 フランシスの後ろで、扉が音を立ててゆっくりと閉まっていく。謁見の間は、冷えた沈黙とフランシスを取り残したまま夕暮れを迎えた。

 * * *

 バスカヴィルはかつて皇太子であった。皇族の長男として、異母兄弟とはいえ唯一の弟フランシスの兄として、優秀な教育係に恵まれ立派に育った皇太子であった。両親から一心に愛情を注がれ、帝國史上最も民衆から待望された皇太子と言っても過言はなかったかもしれない。彼には婚約者もいた。当時貴族の中で最も可憐だと持て囃された公爵息女、マリアである。彼にとっては何もかも万事上手く進んでいた。弟を、悪魔が襲わなければ。

 暗雲立ち込める空が一瞬光ると、怒声のような雷鳴が地に轟いた。馬車の窓に打ち付ける大粒の雨を、バスカヴィルは無表情で見つめている。微笑めばどんな絶世の美女も絆されるその顔は今、氷のように冷たかった。馬車は彼の屋敷の前で止まる。屋敷の使用人が、タオルを持って玄関口から駆けてきた。
「お帰りなさいませ閣下。ひどい土砂降りで——」
「先にこの子を拭きなさい。私は部屋でいい。」
 馬車から降りたバスカヴィルは、全身を包む黒いマントの中にいる少年を使用人に渡した。黒い髪と陰鬱な瞳、見るからに暗い雰囲気を漂わせるその少年に、使用人は一瞬たじろいだ。
「分かりました。しかし閣下もそのまま衣装室まで歩いて行ってはお風邪を召されます。広間の暖炉の前で温まっては……閣下?」
 一度馬車に戻ったバスカヴィルを、使用人は訝しげに呼び止めた。やがてバスカヴィルが馬車から出てきた時には、その腕にすっかりとやつれ果てた女性が抱かれていた。だれもが知っている艶のあった黒い髪は見る影もなく、瞼は泣き腫らして赤くなっていた。
「タオルは寝室へ、暖炉にも薪をくべておきなさい。」
 使用人の顔は蒼白であった。口を金魚のように開閉し、目は女性の顔一点に注がれている。
「か、か、閣下、そのお方は……!」
 バスカヴィルは何も答えなかった。すっかり昏睡状態に入っているマリアを抱いたまま、その横をすり抜ける。地面に雨粒が叩きつけられる音を聞きながら、使用人は唖然としたままその姿を見送った。
©Daichi Ishii Office, LLC.