37時間


グラデーションになったタイルの上にうつぶせで倒れていた。歩く犬の爪の音で目が覚めた。側にゲロがあった、きっと俺のだろう。

アーモンドチョコレートをくれるおばさんがいた。おれは髪をのばしていた。古いツィードのジャケットが欲しくて探してみたが、どれもぶかぶかだった。

物語はどこにも落ちて無かった。かわいい女の子は街に行けばいたが、ただそれだけだった。

ビールは税金の影響で第二、第三のビール。今は第十一のビールまであって、値段はどんどん安くなった。

連想ゲームのピーマンの答えはピザトースト。クリーム色の夢見ながら。

どうかしてる、湧いてるんだ頭。どーせなにもしない。
酒だけが減っていく。おれの死体があって、ちょっと笑っていた。

タバコが良く乾燥していて、すぐ無くなっていった。


おわり




©Daichi Ishii Office, LLC.