10/5 22:45 疲労

疲労の渦に
きらりと光る何かがあれば
留めておきたいと思うけれど

今の私は
疲労の溢れた
小さな器に過ぎない

流れた汗の成分に
もしかしたら
きらりと光る何かがあったのかもしれない

それでもまた
私は湯を浴び
肌に残った汗を流すだろう

明日の光を
得るために
©Daichi Ishii Office, LLC.