晩酌のもよおし

俺は待っていた。
しかし、窓を開けるだけだった。
俺は始まりを待っていた。
しかし、時計の針は動き 続けていた。
俺は死にたかった。
しかし、すでに死んでいた。
俺は生まれたかった。
しかし、すでに生きていた。
俺は

もう 始まっていた

明日、太陽が昇るなんて!!
©CRUNCH MAGAZINE