タイダー(孤独のふりをした)

たましいをベランダの物干しにぶらさげて

干物にしてしまった

腐敗しないために 水分を絞りきった

俺は

ここで こうして

ぶらさがっていたい

この町では

こんな干物が そこいらじゅうの建屋のベランダに吊るされていて

カサカサと 控えめに空気を振動させている

俺は魂の干物をライターで炙って

熱燗の湯飲みの中に放り込み 飲みほした

そんな奴は そこらじゅうに存在している

乾かして 燃やして ふやかして

飲みほす

たましいは ヨーヨーみたいに

くるくる旋回して 俺の手元に戻ってくる

乾かして 燃やして ふやかして

飲みほす

©Daichi Ishii Office, LLC.