懐中小話054「水星」

仕事をなにかしくじるたびに、サトヤマトオルさんは、「なにぶん、水星から来たばかりのものですから」と、すまなそうに言う。職場のみんなは、大丈夫ですよと頷いてみせるのだが、サトヤマトオルさんはいよいよ恐縮して、手足が縮こまってしまう。そしてまた、同じようなしくじりを繰り返すのである。

©Daichi Ishii Office, LLC.