日陰樹に守られた珈琲

古傷が疼いて息を止めたくなる
それなに
過去の傷に守られるときがあると気づいた

幼少のときに切り裂かれた心
その経験があるから人生の危機ってやつの襲われ方を知っている
ちょっとやそっとの困難では死ねないようになっていた

古傷がなければもう死んでいるかもしれない
ああ やっていられない
息を止めたくなるこの傷に感謝しなければいけないのか
ああ そんなこと言ってやるものか
もっとマシな感謝するべきことを見つけるために生きるよ

©CRUNCH MAGAZINE