焙られた道を煎た珈琲

素足で歩くには熱すぎる
けれど履いている靴底には穴
生きたいと思う道

焙られた道を立ち尽くして見ている
もう黒く焦げ付いている
ああ こんな道行けるものか……

それなのに
心は身体を離れて行ってしまうんだ
浮遊して思うままに

置いて行かないでくれ
ああ この一歩で死んでもいいと思うことができれば
僕にも心の景色を観ることができるのだろうか


©Daichi Ishii Office, LLC.