揺れる珈琲

窓に落ちては消えていく雪を眺めていた
クリスマスに愛していると言われたのはいつだっただろう
ホテルのダブルベットの上で交わした赤ワイン
あの人の言葉は何も覚えちゃいない
けれど体温はまだ思い出せる
ああ ごめんね
本当は赤ワインが嫌いだったの
わたしは嘘つきだから

本当はあなたの入れてくれる珈琲が好きだった
あなたが差し出す珈琲が揺れるのを見ていたかっただけ
©CRUNCH MAGAZINE