思い出は笑わないカフェオレ

笑い声が苦手だと不意に自覚した
ケラケラと笑う声
頭の中でミルクと珈琲が一緒にかき混ぜられて
そこに甘過ぎるチョコレートが投入されたみたい
気持ち悪さに身体は支配され
脳は動きを止める

休み時間の甲高い声
息を潜めて目で追った文字

ああ 小さいときから嫌いだった
存在を否定されているようで

ああ だからわたしは上手く笑えない
誰かを消してしまいそうで

言いたいことはつまり
カフェオレとチョコレートの組み合わせは最悪だ

©CRUNCH MAGAZINE