ほろ苦さに命を溶かす

冷たくて 固くて
まるでマネキンに触れたようだった
感触の恐怖はこの手から全身を駆けめぐる

それは死という液体を血に混ぜられた瞬間
血清することは叶わない
人は最後に死を残すと知った

精進料理とは何だったか
ローストビーフに滲む血を見ながら考えた
味はしなかった
ただ 肉を噛む感触に命を意識しなければならなかった
感触は何もない口に何度もよみがえる

わたしは何度も触れた 死と命
己が命を喰らう者であることに疲れてしまった
だから この命を溶かしたくて
渇いていない喉に
熱くてほろ苦い珈琲を流し込む

血が珈琲になればいいと祈りながら
涙のしょっぱさと一緒に何度も飲み込んだ
©CRUNCH MAGAZINE