「テレクラキャノンボール2013」がエモい

{link http://a-shibuya.jp/archives/8691}2014年2/20、3/15~3/203/22~25にオーディトリウム渋谷で公開中の「テレクラキャノンボール2013」{/link}が大変素晴らしかったので熱にアテられたまま宣伝しまくる!

AV監督ら6人の男の人が、旅先でテレクラやナンパで素人女性を釣って、人数やプレイの凄さを競う映画です。

あらすじを見た時は「地雷クセえな」と思ったんだけど、社会学者の宮台真司先生(ファン!)の終演後のトーク目当てで行ってみたら、めちゃくちゃ面白かった。

はじめは、
「いろんな地方の女の子とハメハメした~い!」
みたいな感じでハフハフしてた男性方ですが、テレクラ・出会い系で捕まえた女たちが{b}怪物{/b}みたいなのばっかで、顔を顰めながら、何かの苦行のごとく腰を振り続ける……という謎の展開に……! 当初のハフハフ感はどこへやら。
しかもみんな、毒食わば皿までと言わんばかり、(得点目当てとはいえ)激しいプレイに果敢に挑戦していくという! 

これが、エロいかっていうと、エロくない! でも大変エモい!!!
やたらと情緒を揺さぶられるドラマでした。

一体、何が彼らをそこまで掻き立てるのか。
勝ちたいから? というより、AV監督してのプライド? もはや男としての実存?
「どんなババアが出ても必ず勃つ!」と誓って挑む彼らは「どんな怪物が出て来ても必ず倒す!」と意気込む勇者のようで、性を生業とする者とはいえ、やっぱりすげえや!
劇場では彼らの健闘に拍手が沸き起こりましたよ。

しかし、勃起や射精にこだわる男の人はかわいそうでもある。
しかも「一番」(プレイ中、「今までしたセックスの中で何番目に良い?」と聞いて「一番」と言ってもらえたら得点アップ)、とか「ごっくん」とか「ナマ」とか、とにかく「精液を女の身体の中に入れる!」やら「順位争い」やらにこだわる彼らは全然気持ち良くなさそう。ハメ撮りカメラに向けて「得点+1!」とジェスチャーしたり、「イカない! 困った」と顔をしかめてみたり、全然セックスに集中していないご様子。

中年で勃ちが悪い監督はなかなかイカずに、「しゃかしゃか発射」(手コキでフィニッシュすること)をして減点されまくってたけど、女からしたらちっとも減点対象にならないところで減点されててかわいそうすぎます。

でも、この、「どんな相手でも絶対に勃たねばならない!」という謎の強迫観念じみた使命感こそが、どんな怪物をも「女」にする武器でもあるのです。

彼らは意外とどんな女の人にも優しいです。かわいい子にも、マグロにも、おばさんにも、ババアにも紳士的(AV監督って良い人が多いんだね! わたし誤解してた!)。
男性が「おしっこ飲ませてくれてありがとう」と言うことで、女の子が涙をにじませるシーンもあります。

女をハメて数とプレイの激しさを競う(しかも得点基準は「良いセックスかどうか」とはかけ離れた射精至上主義に呪われてる!)、という、女からしたらクソみたいなゲームをしているにも関わらず、いや、だからこそ、ゲームに乗ってくれる女の子をお姫様扱いしてくれるし、お姫様扱いされた女の子はどんどん可愛くなっていきます。
はじめ「おっさん? え、こいつ、おっさんじゃね?」と思われた、40代のナマハゲみたいなババアだって、よおく見てみると顔の中身は天童よしみみたいで可愛い。

いやもう、逆に、可愛くない女の人の方が面白い。可愛くない人が可愛く「させられていく」過程で、男の人と恋愛?(友愛? 同志?)関係が芽生えるのを見るのがとても楽しい。

勝利者用の「ごほうび」として用意された超可愛いAVアイドル・神谷まゆちゃんも霞んでましたからね。ナマハゲに完全にもってかれてたからね。
(神谷まゆちゃんの見せ場は終盤にちゃんとちょこっと用意されてたので、まゆちゃんファンの方も観て損は無いと思います!)

そう言えば、全然気持ち良さそうじゃない男の人達に比べ、女の人はマグロは一人だけ、あとは大体みんなトロトロの目をして気持ち良さそうにしていました。
いやあ、やっぱテレクラや出会い系で即ハメしてくれるような女の人はすごいねえ。私には無理だわ。昔はすぐやらせる女を「公衆便所」ではなく「菩薩」と呼んでいたらしい(と何かの本で読んだ)のですが、彼女らにも私はこの言葉を送りたい。菩薩!

ちなみに彼女らの繰り出す名言も、嫉妬する程素晴らしかった。「ギャグ」と「エモ」を求めるだけでもこの映画を観に行く価値は十分にあります!(逆に言うとエロはあんまし無いです!)

いやあ電話一本であんな、ラスボスみたいな女と出会えるなんて、この世は旅に出ずとも既に冒険なんだなあと思いました。男の子は冒険が出来ていいなあ。私も冒険したい! 射精至上主義には賛同出来ねえけどなっ!!


ちなみに私はあの中だったらバクシーシ山下がいいです。しゃかしゃか発射でも大丈夫です☆


おまけ
何を言ってるか分からない人は、{link http://www.amazon.co.jp/「絶望の時代」の希望の恋愛学-宮台-真司/dp/404600116X}宮台真司先生の「『絶望の時代』の希望の恋愛学」{/link}を読もう!

©Daichi Ishii Office, LLC.