きみたちはつまらない結婚をしたね

既婚者が
「嫁がうるさいから」
「旦那の世話をしないと」
みたいな言い方で楽しいことをパスする姿を見るたび、ますます結婚したくなくなる。

もちろん角立てず誘いを断る口実であったり、ノロケ(というと聞こえが悪いが愛情の少しマイルドな表現の仕方)であることもあるのだが、そこを汲めずに文字通り受け取ってしまう既婚者は、少なからずの呪いを浴びることになるのだ。

「嫁/旦那のために○○をしないといけない(早帰り、飯の支度等)」という言い方をしておいて、結局好きだから自主的にしている、という茶番構造に付き合わされるのはわりとこりごりだ。

「嫁/旦那がしんどい、めんどくさい」という愚痴を延々聞きつつ、結局ノロケだった時の徒労は私はもう二度と永遠に後生負わないからな。

同じ口で「渋澤さんも早く結婚しなよ」と言ってきた日には殺すからな! 
「貴様がつまらなそうな既婚者だから結婚したくなくなるんだよ!」と言って息の根を止めるからな!?

もちろん私は知っている。自分の意志以外のしがらみで結婚せざるを得ない事情がある人だって。本当に飯を作りたくない人、本当に早帰りしたくない人もいるし、本当に結婚生活がうまく言ってない人もいるって。その人の愚痴はノロケじゃなくてガチで愚痴かもしれない。でも、愚痴にカモフラージュしたノロケにはもう心底疲弊しているのである。

私は、「朝だから血糖値上げなきゃ」とか言って、仕事始めにチョコレート食べ始めた同僚に
「血糖値とか言い訳してるんじゃねえよ! 好きだから食ってるんだろ?! チョコレートに失礼だろ! ちゃんと言えよ! 『チョコレートが大好きで大好きで仕方無いから朝からチョコレート食ってます』って!」
とキレたことがあるのだが、

(ちなみに私がいかにチョコレートが好きかと言うと『ゴッド・ブレス・ガルボ』 https://i.crunchers.jp/data/work/154 という小説を書いちゃうくらいである)

(ちなみにこの同僚は朝も昼も夜もチョコレートを食べていたので、血糖値への言及が口実でしかないのは自明)

彼らにも同様の言葉を送りたい。

「嫁/旦那のことを思って、自らの意志で早帰りするんだろ?! めしの支度するんだろ?! その『○○しなきゃいけない』って言い方はなんだ?! 大好きな人間のことを『枷』とか『強制』みたいな言い方をするな!」
と。

私「小説書かなきゃいけない」って言わないからね。自分で勝手にやってることだからね。たとえ締め切りがあっても「小説書きたいから(早く帰る)」としか言いません。少なくともインディーズのうちはそう言い続けるでしょう。でも結婚のプロなんているのかね?笑

本当ねえ、好きなものを好きと言うのが照れるから/バッシング怖いからという理由で外部に言い訳ばっかりしてると、自分の内部にも毒がまわってガチで好きじゃなくなっちゃうよ、いやそれはともかくどうでもいいとして、「○○しなきゃいけない」という言い方は周りの人にも少なからず苦しさのおすそ分けをしていて、思わぬ変なダメージ与えたりするから、極力やらない方がいいに決まってるよ。

まあ、チョコレートと大森靖子ちゃん以外特に好きなものが無い、未婚者の私が言っても説得力無いかもしれませんね。

「私は血糖値を上げるためにチョコレート食べなきゃいけないんですうー」
「私は小説を書かなきゃいけなくて、女性性をテーマにしている以上、同じく女性性について歌うシンガーの大森靖子ちゃんのライヴに通って取材をしないといけないんですうー」

クソワロ!!!

©Daichi Ishii Office, LLC.