女女言うな殺すぞ

妄撮Pこと小林司が今週の石原さとみが表紙のananに書いている大森靖子ちゃんベタ褒め記事がかなりむかつく。

「僕が女の子を一番リスペクトしているところは、ちゃんと自分のために生きてるところだ。」

この書きだしだけで三時間くらいむかついていられるが、二文目以降も

「男はその点、自分の所属する小さい世界で、メンツや上司や同僚の顔色ばかり気にする。こんな時代にまだ保身のためにあくせく立ち回ってるなんて悪いジョークだ。女の子は逆で、彼氏マジむかつく、美味しいもの食べたい、あの靴ほしい、将来どうしよう。全ては私小説。当然その分ねたみやそしりの黒いエネルギーはあっても、自分の感情と欲望に根ざしてるから嘘がない。」

と無根拠な「全女子賛美」を並びたてる。
ハア、メンツ気にする女だっていくらでもいるけど……。

そして、「今一番キテる女の子シンガー」的なノリで大森靖子を紹介し、

「もうわけわかんないけど、これが女の子だ。女の子は、丸見えの底なし沼なんだ。わからないから素晴らしいんだ。」

とオトす。

ハア? 大森靖子に失礼だ。
大森靖子は女の子だから素晴らしいわけじゃないし、
なんで全人間の半分と一緒にするんだよ!!!


そんな貴様は全人類の半分をまんべんなく好きでいて大森靖子の良さになんか気付かないで欲しいね。
この記事の冒頭に書いていたように。
女の子ならみんなリスペクトできるんでしょう? あんた。



今日代官山蔦屋に行って聞いて来た津村記久子さんのトークイベントでも、司会者が
「当店ではこれまでいろいろな女性作家をお招きしてきましたが……」とか
「女性作家の方では他には……」とか
「津村さんの小説に出て来る女性キャラが素晴らしいですよね」とか、
女性女性連呼してていちいちむかついてしまったわ。

津村さんの面白さ素晴らしさを女性という枠に入れてひしゃげさせてんじゃねーよ!!
朝吹とか本谷の話するんじゃねーよ!!
別に男性キャラだって素晴らしいよ!!!!

余談だがその司会者は女性だった。まったくの余談だが。


男だろうと女だろうと、関係無い。

女を神格化するな! 
「女性特有の感性」という言葉を使って私の神様を量産型神様にするな!!


仮に男だった大森靖子や男だった津村記久子を連れて来て検証することは出来ない、
でも大森靖子も津村記久子も、女だろうと男だろうと素晴らしいに決まってるんだ。


分かってる、大森靖子や津村記久子は怒っていない。
どんな枠で紹介されようと、プロで食っていきたいなら巧く宣伝されたい、売れたいと一番に思っているに違いなく、女シンガーや女流作家の枠に入れられて売れるなら喜んで枠に入れて欲しいと思っているはずだ。
仮に違ったとしてもこの場ではどうでもいい、
これはファンの戦いだからだ。
ファンの戦いである以上、負け戦、負け犬の遠吠えであって全く構わない。
ファンというのはそういうものだ。

ああしかし、私ならきっともっとうまく大森靖子ちゃんを褒められるのに。
ananにスペースが無いのが悔しい!!!!!


妄撮Pと言えば、
自分が審査員やってるアイドルオーディションのイベントに靖子ちゃん呼んで、
アトラクションの轟音と絶叫こだまする最悪の音環境とアイドルファンばかりの完全アウェイの場で歌わせた奴じゃないか。
(常識的に考えてもあの音環境で弾き語りさせるのはありえない)

そしてその後MCで「正直今日はあんまり環境良くない場所でしたけど……」とか弱腰でもにょもにょ言ってますます場を冷えさせたあいつじゃないか。怒るぞ。

自分が好きで呼んだんなら、自分だけでも
「最高だった!! 歌ってくれてありがとう!!」とベタ褒めすべきだった。
そして場の雰囲気を、少し居心地悪そうにしていた靖子ちゃんの側に寄せるべきだった。
こんな遅延のゴミ記事要らねー

(何度でも言うが、仮に大森靖子ちゃんがあの場に呼ばれたことを感謝していようが、怒っていようが、関係ない。私はそれに関係無く、怒る)


自分が女だからこんなに怒るのだろうか、無神経な女賛美野郎に。
いや、分からない。
とにかく「女は皆素晴らしい」だろうが「女は皆バカ」だろうが、
全ての女を決め付ける人間は全員嫌いだ。
私や、どうしようもないクズ女や、大森靖子や津村記久子が属する世界で二番目に大きくて、そして薄い属性について貴様は二度と語るな。


それが真のリスペクトだ。
リスペクトの原義は「見る」だ。
見ろ。見える範囲しか書くな。

だから私は「私」のことしか書かない。「全ての女」のことは書かない。




「多くの女の子はお花屋さんや花嫁さんになりたかったはず」
そう私にメッセージを送って来た貴様を4月1日に私は殺す。
©Daichi Ishii Office, LLC.