「鳥」


雲の隙間から零れる光のようだった
羽ばたく鳥が流星のようだった

目で追っていた 目線を辿るように
やってきた鳥の嘴には 種

手のひらを差し出したら 置いて 飛んでいった

鳥の重さが 残ったままで
風に吹かれたら飛んでいきそうな 軽い種を 握った


見つけに行くだけが
出会いではなくて
ただ行き着いたというだけで
手にするものがあるんだって
思った




©CRUNCH MAGAZINE