「月の下で」


望んだものすべてに手が届いたとしたら
きっと願うこともなかった
思いを馳せることもないし
思い出にもならなかったのかもしれない


©CRUNCH MAGAZINE