1 今市宿*その一


 日光街道を今市宿めざして急ぐ一人の男があった。宇都宮宿を出れば7里、宿なしで日のあるうちに着ける距離である。男の足は急ぎの足になる。江戸を立って、草加の宿、古賀宿、宇都宮宿と泊まって来た。三度笠を目深にかぶり、引き回しの道中合羽で身を包む姿は、渡世人風であったが、渡世人にしては長脇差が見えない。代わりに、背中に何やら大事そうな風呂敷包みが、たすきにかかっている。

 街道脇の野仏の回りに彼岸花が紅く群生している。それを見て、紋太郎は月照寺を思い出していた。〈北風紋太郎〉、今市宿ではちっとは知られた渡世人であった。何故、北風なのか、幼い日、放浪二人旅でこの宿に着いたとき寒い北風が舞っていた。ある日突然、宿から姿を消した日も、ふらりと今市宿に舞い戻って来たのも木枯らしの吹く日だった。

今度は、三年前に江戸に出て久しぶりの帰り旅であった。逢いたい人もあろうとて、急ぎ足になるのは致し方ない。杉並木に入った。今市宿はもうすぐだ。

 今市宿は、一街道の単なる地方宿ではなく、日光街道のほか、壬生道、会津西街道、日光北街道などが集まる交通の要衝に立地する宿駅であった。上州からの道、日光例幣使街道は楡宿(鹿沼市)で壬生道に合流している。当然、これだけの街道が集まるのである、旅人の往来、投宿で宿は賑わっていた。又、日光参拝を前にした歓楽の宿場町としても名を馳せていた。当然に、女と博打はつきもので、遊女を置いた廓も2軒あり、旅籠には飯盛女と呼ばれる客引きが激しく客を呼び込み、男たちの接待に応じた。宿を仕切るやくざが存在するのは致し方ない。

紺屋一家と、鬼怒川一家が今市宿を二分して勢力を競っていた。紺屋一家は、先代紺屋次郎吉が作った組で任侠の徒であった。無頼、無宿者でも今市宿では大人しくする程の仕切りを見せ、人望浅からぬところを見せていたが、病には勝てず、3年前に倒れた。後を継いだのが、若頭だった男と一緒になった一人娘の歌子であった。勢力を伸ばすが、そのやり方に問題があった。

鬼怒川一家は宇都宮宿の峰屋馬之助の息がかかった新興勢力で、今市の利権を我が物にせんとする武闘派であった。二つの勢力はことあるごとにぶつかり、揉め事は絶えなかった。

親分の名前は鬼怒川飛翔(ひしょう)と云ったが、その姿は謎で、一家の子分らでさえ、見た者はないとされていた。もっぱら町衆が目にするのは代貸、山太鼓の音吉であった。

*注釈:〈天保14年(1843年)の『日光道中宿村大概帳』によれば、今市宿の本陣は1軒、脇本陣1軒が設けられ、旅籠が21軒あり、宿内の家数は236軒、人口は1,122人であったと云う〉

©Daichi Ishii Office, LLC.