一気に読んでしまいました

自分では百年かけても書けないような構想の小説に出会い、嬉しさのあまりに一気に読破していました。

どちらかと言うと、この作品は文藝賞などの純文学ではなく、オール読物新人大賞などの大衆文学に近いのかな…と思いました。

私自身としましては、渋沢様には一日も早く文壇デビューして頂きたいと思いました。

これからも、一読者として、陰ながら応援させて頂きます。
©Daichi Ishii Office, LLC.