空っぽの中身

結構前に読ませていただいたのですが、相当な大作でした。設定がぶっとんだ作品ですが、共感できる箇所がいろいろありました。美少女ミアハの空っぽさ(本当にそうかは別として)が前半執拗に書いてあって、それが滅茶苦茶になっていく序盤の最後辺りがクライマックスかっていうくらいの盛り上がりを感じました。それから主要キャラとして出てくるブスに目がいったんですが。空っぽっていう言葉だけで考えるとミアハもブスも共通している。ただミアハはとにかく求められる側として君臨し、自分を求めてくる中身のない人間に対する叫び、対比がわかりやすく伝わってきて、面白いと感じました。
©Daichi Ishii Office, LLC.