サイトのリニューアルを実施しました

CRUNCH MAGAZINEのサイトのリニューアルを実施しました。

今回のリニューアルでは、モバイルからより快適に使えるようにするためのUIの全面刷新を中心に、編集システムの機能向上、Facebook/Google/Twitterアカウントでのログイン、通知機能の整備など、様々な改善・追加を行っています。

さらに、サイトに登録し、ログインされた方には、広告のほぼすべてが非表示となり(利便性を考慮し関連記事モジュールのみ残しています)、表示も全般的に高速化するよう調整しています。

以下に、主な変更点についてまとめます。


【変更1】UIの全面刷新

添付の画像にある通り、モバイルからの使い勝手を特に考慮して、UIを刷新しました。

もともとのデザインの色使いなどは踏襲しつつ、ボタンやリンクなど、より直感的で推しやすい形に揃えました。

またログインしたユーザーについては、画面下部にメニューを出し、よく使う機能に素早くアクセスできるようにしています。


【変更2】編集システムの機能向上

作品本文とブログの編集については、見出しの設定、箇条書き、引用符、リンク、そして区切り線の挿入などの書式が設定できるようになりました。

また編集フォームはwysiwyg型になりましたので、投稿前に文章の見た目を確認しやすくなっています。

さらに、投稿管理画面から、投稿前の作品をプレビューできる画面も用意しましたので、投稿イメージをさらに確認しやすくなりました。


【変更3】ソーシャルアカウントとの連動強化

これまでTwitterログインに一部対応していたのみでしたが、Facebook及びGoogleアカウントでも利用いただけるようになりました。

メールアドレスでの登録は、もちろん引き続きご利用になれます。


【変更4】通知機能の追加

サイト上に通知機能を追加しました。ここでは、レビューやいいねを受け取ったり、フォロワーが増えた場合などに配信される通知がまとめられています。


【変更5】ログインユーザーの広告非表示&表示高速化

モバイルでのサービス利用時、画面下部及び画面切り替え時に広告を出していましたが、ログインユーザーに関してはこの広告は非表示となります。

また、モバイル・PCユーザー問わず、サイトのサイドバー等に表示されていた広告は、ログインユーザーには非表示になります。

なお、ログインユーザーでも、作品ページの下部に表示している関連記事モジュール(Google社提供)のなかに広告が入ることがあります。この関連記事エリアはみなさんによく使っていただいているため、そのまま残しました。

さらに、ログインユーザーについては、表示を高速化するための仕組み(turbolinksというライブラリです)を盛り込みました。全体として、モバイルであっても、画面の切り替えがさくさく動くようにしております。




いかがでしたか?


CRUNCH MAGAZINEでは、みなさんにサービスをもっと楽しんでもらえるよう、少しずつですが機能を改善・追加してまいります。

また、お知らせはTwitterやFacebookでも告知してまいりますので、もしよろしければこの機会に、FacebookページやTwitterのフォローをよろしくお願い致します!


公式ツイッターはこちら

公式Facebookページはこちら


今後ともCRUNCH MAGAZINEをよろしくお願いいたします!


©CRUNCH MAGAZINE