花が散った雪の上の赤い塵

赤い塵が集まり、年齢は古いです。過去何年も費やされてきましたが、過去に会うのは微妙でした。そして神聖なもの、愛のネットワークの赤い塵。前者は集会のために残し、後者は前者のために残された。深い遭遇は、一度言った。会う機会がある人。円の周りにどれほど大きなものがあっても、それは誤っていることになります。彼らはまだお互いに会うことができます、実際には、この種の物語。ちょうどそれについて話してください。したがって、多くの人々がそれを信じています。したがって、運命の瞬間を入力してください。


https://www.deviantart.com/roridoll123/journal/Untitled-776509559?ga_submit_new=10%3A1544684273


世界の感情は距離だけ離れています。いくつかの感情は距離のために美しく、そしていくつかの感情は距離のために美しい。お互いに励まし合うことで道が進むでしょう。日差しがいっぱいで、幸せに輝いています。お互いを暖かくしたが、時には。距離は本当に時間です、感情を確認するタイムマシンです。そのため、一部の人々はそれを主張している。私は距離を過ぎたと信じているから。残りは春風であり、一部の人々はそれが原因で出発します。彼らは正面が未知であると信じているからです。だから途中で、私は急いで行った。

昔は、人々は遠く離れています。ある期間の後、私はお互いを知っています.1年後、私は交差しています。人生では、一緒に行く人もいます。長年に亘って、一部の人々は離れています。会うフェリーでは、いくつかの人々。歩く者も、見知らぬ人もいません。私は一緒に歩いて一緒に歩いた。私が知らなかった人々。彼らはどこに集まり、どこで早く離れるのだろうか?人生の不足、遭遇の大切さ。だから遭遇は運命であり、知人はシェアです。人生で。時間は饗宴であり、愛は拠点です。その時の雪の月は水の時代です。その歌は静かで、愛は出会いです。落ちる花も集まりです。愛のために人生は美しい。年は愛のために開催されます。


https://roridoll123.kinja.com/life-like-sex-dolls-help-you-satisfy-your-various-sexua-1831064237


それは通りの花です。そして、それは夜のことです。雨の年、竹の葉が出会った。雨の下、いつも通り抜けた苔で刻まれています。その場所、場所、その月に散らばっています。最初は冷たい風が当たった。ジャスパーの恥ずかしがり屋の風が、月を凝固させた。私は夜を一人で去り、静かに静かにしました。

今年も同じです。一度散らばって、あなたは雨の中で風を言った。かつて쫓った夢、そして冬の雪です。散らかしていた花です。花は違っています。辞任した。何年にもわたって、雪が降る毎シーズン。私は美しく飛んでいる古い絵を思い出します。悲しいことも言葉もなく、雪が多い。花が落ち、風が思考を祝福した。渤海を固めた言葉はありません。過去に花の花が美しく、時には雨が降っています。 Bodhiへの道のり、花への道のり。この人生での出会い、会議の花。

長い散歩の後、私はいつもいくつかの景色を見るでしょう。しばらく滞在すると、常にいくつかの話が残されます。実際、何度も。すべてのストーリーが常に美しい結末を持っていることは、皆さんが知っていますそれはちょうどこの終わりがあまりにも変わった、あまりにも美しい、最終段階まで、清明は悲しみを明らかにしています。悲しみには憂鬱があり、荒涼とした中には言葉がありません。何年もの間、常にカジュアルな場所に落ちるシーンがあります。人生ではいつも雪が降っています。夜の死者には、散在した運命があります。雪。私は時間が香ばしく、花は静かになることを願っています。


http://roridoll123.shop-worlds.com/2018/12/11/sex-doll-helps-to-transform-your-boring-life-into-exciting/


人生への道のりで、私はいつも歩いた。人生の気持ちはいつも一緒になっています。この世界には、常にあなたを知っているために滞在する人がいて、誤解のためにいつも退去する人がいます。私たちはすべての人に感謝しています。共鳴があるので。だから、人生への道を離れないでください。赤い塵の交差。決して深く関わったことのない人がいます。私は気にしないが、私は一度も出ていない。それはちょうどその時が会うでしょう。それは銀行の反対側と銀行の反対側に固定され、それは美しい春で分けられました。

人生の中のある風。いくつかのシーンは、何年にもわたって、遠く離れた物語や落ち葉を演じていました。そのような季節、風と一緒に飛んで、枝を漂って、そのような思い出。私は何年にわたってそれが表示されるのか分かりませんが、私が旅した道は間違いなく予期できない事故を残すでしょう。私はそれにもっと慣れています。人生はこれのようなものです。何年も続いており、時は過ぎています。過去の静かな沈黙を借りて、自分の地平線に漂っている。


http://www.gorelations.com/blogs/6318/43326/real-dolls-bring-you-to-a-world-of-realistic-things


通年の別れにはいつも言い表せない苦情があります。最後の大切思い出を立ち、カウントは、夜をキャッチするために逃げた各四半期の夜作っ:常にこのまたはその気分で、雨の中でジンXiのを、凍結雨だ風に一人で歩いて、感じ毎シーズンは違う種類の静寂をもたらし、冷たい風が吹きます。過去に散らばった赤い塵の上の萌え。

©Daichi Ishii Office, LLC.